ゆっくりと犬預かり
ホーム > ホワイトニング > インプラント治療の歯への影響

インプラント治療の歯への影響

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。そのため、MRI検査は問題なくできます。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。ご自宅で素早くにホワイトニング効果・歯周病の予防をしたいのなら、「美歯口 30DAYS WHITENING KIT」をぜひ試してみてください。http://www.holidayvillasmarbella.com/