ゆっくりと犬預かり
ホーム > 病気・症状 > PMS(生理前症候群)

PMS(生理前症候群)

PMS(生理前症候群)(生理痛 子宮筋腫 子宮内膜症 乳がん 子宮頸ガン 便秘症)から引き起こされる疾病として、結腸ガンや直腸ガンが挙げられます。ガンは血の汚れた状態が導因と言われています。便秘症は、腸内環境を腐敗させることで血液に毒気を送り込むのです。また沈滞した便は腐敗発酵して、おならとともに活性酸素も出現させます。活性酸素は腸内に炎症を起こしたり、細胞を傷つけガン化させたりしまいます。免疫力も低下することから、ガンを発生させやすい体になってしまいます。そのため大腸だけでなく、全身のガンにも係わる可能性があります。免疫力の低下は、風邪をひきやすくしますし、アレルギー性疾患にも繋がっていきます。血液の汚れは、あらゆる病気を招く危険性があります。特に、解毒作用を受け持っている肝臓の疾患に繋がりやすくなります。その結果ホルモンバランスを崩してPMS(生理前症候群)生理痛子宮筋腫子宮内膜症乳がん子宮頸ガンを起こします。

続木和子の子宮筋腫改善プログラムの内容とは?

30代を超えると出現しやすいと言われる「まだら状の肝斑」は、何の変哲もないシミとよく誤解されますが、アザのひとつです。治療の進め方も異なってくるので、注意していただきたいです。汚れを落とす力が強烈なボディソープを使うと、肌の常在菌共々洗い落としてしまうことになり、しまいには雑菌が蔓延して体臭を誘引するおそれがあります。無理なダイエットは栄養が不足すると、若年層でもしわしわの状態になりがちです。